スポンサーリンク


2018年03月17日

魚突きってこうゆうこと?

昨年から、ゴルフ動画にはまっています。

夫は、某道場の
魚突きドリルにはまっていた時期がありました。

私にも、やれといわれたけど
無理、あんなことして
ボールに当たらないし、意味不明!
とやりませんでしたが

こうゆうことだったのかな?



スクールのコーチにも
前倒しのこと言われたけど

そんなことして、ボール打てないよ!と
思っていたけど

このHARADAGOLF レッスンチャンネル 札幌 さんの動画だと
よくわかる、これならやってみようと思いました。

最近、こちらの原田さんの動画にはまっています。
毎日、2〜3分のワンポイントの動画で
わかりやすくて
参考にしています。

私の通っているスクールはグループレッスンなので
少人数のときはラッキーで
たくさんみてもらえるけど
そうでないときは、2回くらい
コーチがまわってくるだけなので

自分で、こうゆう動画みて研究して
いろいろ試しています。



私の癖の1つで
クラブが寝てしまうことがあるので
前倒し、意識してやってみようと思います。
posted by たまこ at 10:55 | Comment(0) | 自主練習の覚書

2018年01月17日

左にハンドルをきる感じで

日曜日もレッスンに行きまして
月曜日もレッスンに行きまして
昨日も練習に行ったよ〜。

先週、ショットが気持ち悪くて
手が前に出てしまう感じで
それでも無理やりインパクトを合わせて
へんな球打ってたんだけど

ちょっとスイング変えたら
アイアンがいい感じになってきた〜!わーい(嬉しい顔)

なんか、今までずっと
左腕が
バックスイングの始動から
体から遠くに離れがちで
どんどん離れて
そしてトップも高くなっていたのかもしれない。

左にハンドルをきるような感じに
腕をねじりあげたら
トップの位置も少し低くなって
左へのひっかけも減ってきた!

この動画を参考にしたよ!
逆ハンドルを切るようにテークバックをしよう

あと、少し、もう少し!
この打ち方を体に覚えさせなければ!

いつも100ヤードのグリーンを
PWで狙って打つ練習をすると
左にひっかけて
100の看板方向に行って
数回打ち直しして
やっとグリーンオンだったのが

最初から続けてグリーンオンできた!

それでも左に行くときは
体が突っ込んでいるのがわかるから
体を突っ込まずに
腕が振れれば、アイアンは曲がらない!

でも、この打ち方、UT5まで。
UT4や5W、ドライバーでは
できません。

がんばって練習しよう。

かぼちゃプリンソフト.jpg

写真は、1月4日に院長たちとゴルフにいったときのもの。
帰りにファミレスで、おっさんたちとお茶(笑)

おっさんたちも、みんな甘いもの食べてました。

院長も昨日の夜、練習に来てたな〜。
すごい勢いで打ってたなぁ。
posted by たまこ at 10:20 | Comment(0) | 自主練習の覚書

2018年01月12日

3年前のスイングに戻します

昨日のラウンドがひどすぎて
夜に練習に行きました。

その前のラウンドは
スコア的には良かったけれど
アプローチで拾ってる感じで
ショットはひどかったのです。

ここのところ、ショットがひどすぎます。

とくにドライバーひどすぎ。
ドライバーだけで5打は損していると思います。もうやだ〜(悲しい顔)

昨夜、さんざん練習した結果
3年前のスイングに戻すことにしました。

ドライバーのグリップの握り方を
3年前に戻します。

右手をきちんと握ると
どうしてもフライングエルボーになって
外からしか振れないのです。

結局、インパクトでフェイス面が
スクエアになっているかどうか
ビジネスゾーンが、真っ直ぐ振れればいいわけで

そのためだったら、握り方なんて
どうでもいいのでは?ということになりました。

ひじがどうしても外に向いてしまう
骨格なので

右手を下から握れば
ひじが下を向いたまま
ちょうどよいトップにあげることができます。

スクールでは右手が上と教えられて
がんばってきたけど、無理〜。

下から握って打つようにてみようと思います。

アイアンは今の状態であまり
違和感ないので、このままで

長いクラブになるにつれ
少しずつ握り方変えて、実験してみようと思います。

夕べは、
キーちっ(怒った顔)って
叫びながら、鬼のように打ってました(笑)
posted by たまこ at 09:38 | Comment(0) | 自主練習の覚書


にほんブログ村 ゴルフブログ 女性ゴルファーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ゴルフブログ 初心者ゴルファーへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村 
  ↑他のゴルフブログにアクセスしてみる?人気ブログランキングへ


楽天AD



スポンサーリンク